読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pythonの学習の過程とか

学習の記録をつけておきましょう。すぐ忘れるんだから。

Python3の基礎 リスト

Python3

リストをおさらいしつつ、Python3を学んでいきましょう。

リストは説明不要の配列ですね。

この記事のコードをPython3で書いていきます。 わざわざPython3でやる必要もない部分も多いのですが、おさらいの意味もありますので。 peaceandhilightandpython.hatenablog.com

リスト

#リスト
>>>c  = [1, 5,  2,  10]

#ソート
>>>c.sort()
>>>print(c)
[1,2,5,10]

#逆にする
>>>c.reverse()
>>>print(d)
[10,5,2,1]

# in  リストの中に存在するか? を真偽値で返却する

>>>(3 in c)   
False

>>>(5 in c)
True

printが命令文じゃなくてprint()と言うかたちで関数になったことが最大の変化ですね。

inも()に入れるようになりました。

レンジ(範囲)

>>>d = range(10)
>>>list(d)
#list関数を使ってrangeをlistにしています。ややこしや。
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9] 

#ちなみにrangeをprintすると
>>>print(d)
range(0, 10) #そのままやないかい

# 要素は3から始まって10未満
>>>d = range(3, 10)
>>>list(d)
[3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

# 要素は3から始まって、2ずつ増える
>>>d = range(3, 10, 2)
>>>list(d)
[3, 5, 7, 9]

rangeをlist関数でlistにしました。分かりやすいですね。

splitとかjoinとか

#split (文字列を分ける)

>>>s = "2017/3/3"
>>>s.sprit("/")  #引数(この場合はスラッシュ)で分けてリストにしてくれる
['2017','3','3']

# join (文字列を連結させる)
>>>ss = ['a', 'b', 'c']
>>>'-'.join(ss)  #引数にリストを設定する
'a-b-c'

分けたりつなげたり。これも簡単ですね。 あまりPython3のための解説って感じではありませんでした。

徐々に頑張っていきますのでどうぞよろしく。